英語が読めるようになる学習のコツとは?

>

英語が読めるようになる一番の方法は習慣化

英語版の子ども新聞、見たことありますか?

英語が苦手な方がそうなった理由で多いのが、「文法が日本語と違う」「漢字だったら雰囲気から内容が想像できるけど、英語はアルファベットの羅列で、何を書いてあるのか全くわからない」というもの。

正直どちらの理由も、文法を変えることはできないし、アルファベットの表記から日本語表記にするわけにはいかないしで、解決しようにもどうしようもありません。
「じゃあ英語が読めるようになるのは、苦手な人間にとって無理だってことなの!?」と諦めるのは、まだ早いです!

そのための方法としておすすめなのが「分かりやすい子ども向けの読み物を読むこと」です。
ただせっかく読むならば役に立つものを読みましょう、ということで、子ども新聞をおすすめします!
その理由は、「子ども向けとは言え(新聞)なので、内容がしっかりしている」「一文がそれほど長くない」からです。
 

中でもおすすめは「タイムフォーキッズ」!

分かりやすい子ども向けの読み物でおすすめなのが「タイムフォーキッズ」!カラフルでかわいらしく、しかも一文がそれほど長くないので、読みやすいです。
もちろんパソコンでもスマホでも読むことができます。

またちゃんと読解レベル分けをしてくれているので、やさしいところから始めると、おそらく中学レベルの英語力がある方ならば、「レベル1」はイラストや写真が多くちりばめられているということもあり、辞書なしでも十分に読める内容になっています。しかも大人が読んでも結構面白いです!
まずはそこから始めましょう。

上記のようにスマホからも読むことができるので、「毎朝の通勤時間を利用して読むこと」を特におすすめします。
その理由は、通勤時間だと時間の無駄はないし、通勤は必ず毎日するものだから「読み忘れ」を防ぐことができるからです。


TOPへ戻る